• 文字の大きさ
  • 標準
  • 大きく

特定非営利活動法人 プラチナライフサポート 紡(つむぎ)。高齢者・障害者・おひとり様・社会的弱者の皆さんが  安心して暮らしていける街、生きがいを見つけ  喜びと共に暮らしていける支え愛の街を目指し、  NPO「プラチナライフサポート 紡」を設立します。

組織概要

設立理念

プラチナ世代でも 障害や病気を抱えていても
お一人様でも 生活弱者だとしても
最期までキラキラ輝いた人生を送って欲しいから・・・

高齢者・障害者・おひとり様・社会的弱者の皆さんが安心して暮らしていける街、生きがいを見つけ、
喜びと共に暮らしていける支え愛の街を目指し、NPO「プラチナライフサポート 紡」を設立します。

理事長あいさつ

制作中です。もうしばらくお待ちください。

代表プロフィール

柏倉 珠美(かしわぐら たまみ)
(有)ジェイアシスト 代表取締役

SNS全国女子交流会 代表

ブログ「ジェイエイの部屋」 累計アクセス数 220万超
Twitter 「janoheya」フォロワー数 8万人超
Facebook
YouTube「ジェイエイの部屋」 累計アクセス数 210万超

執筆

電子書籍「Facebook 女子的作法」 SONYブックシェア
電子書籍「オンナは離婚で生き返る」 楽天kobo
書籍「Lovesongを聴かせて」

セミナー講師

ソーシャルメディア系(ツイッター・フェイスブック・ブログ等)
女子力アップ・生き方・障害病気との付き合い方等、各種セミナー

資格

小型船舶1級・障害者手帳1級(上肢2級・下肢2級)

生涯資産

慢性関節リウマチ・バセドー病・肺気腫・喘息・膝変形性関節症

略歴

フェリス女学院短大~結婚~2児出産~離婚~リウマチ発症~寝たきり~
復活~起業~子供は独立して独居~足骨折~リハビリ~再復活~現在に至る

NPO設立までのプロローグ

リウマチ発症

18年前に発症したリウマチにより、全身の関節が激しい痛みと共に腫れて動けなくなり、寝たきり生活を経験。
母子家庭だった私は、小学生と中学生の娘との3人暮らし。私が一家の大黒柱だった。
治療の甲斐あって数年後には仕事にも復帰できたものの、リウマチで破壊された関節は復活することなく、手首と膝の関節に障害が残り、障害者手帳を持つ身となった。

その後、リウマチの症状は一進一退を繰り返していたが、仕事しながら子供たちを育てる。
と、そこにさらにバセドー病発症による頻脈、激やせ。1日中100m全力疾走している状態だとドクターに言われながらも、投薬治療で平静を保てるほどに回復。

右足骨折

子供たちは社会人となって家を出て、独居生活をしていたところに更に苦難が襲った。階段から転げ落ち、リウマチでも脆くなっていた足を骨折、右足の2本の骨が真っ二つ。救急車で運ばれ、骨の中に金属棒を埋める手術。
本来なら、ここまでで退院できるはずだった。しかし、伸びたままの膝と足首が術後も曲がらない。そして下された診断は、足首の神経麻痺。神経が麻痺すると自力では歩けない。足首に装具をつけて歩くしかないとドクターは言う。それも一生。苦悩と涙に埋もれたリハビリの日々の中、気持ちを奮い立たせ、前を向くことに成功。
そして奇跡は起きた。麻痺していた足首がリハビリ中に僅かに動いたのだ。そこから懸命のリハビリで、車椅子から歩行器、そして松葉杖で歩けるまでに復活。リハビリ中に負担がかかった両手と左足のリウマチ悪化で満身創痍の中、退院。

肺気腫・気管支喘息

奇跡的な復活を遂げ、日常生活も仕事もできるまでになった時、追い打ちをかけて発覚したのが、肺気腫と気管支喘息。
夜中に咳き込んで眠れない日々。リウマチで腫れた膝で歩くのも辛い日々。

どうして次々と苦難が襲うの?

溢れ出す涙で人生を嘆き、辿り着いた答えは「苦しんだ経験はきっと誰かの役にたつはず」だった。

私は娘たちや多くの友に支えられ、どんなに体が辛くても、楽しいこともたくさん経験した。
流した涙以上に、幸せも感じた。こんな私から、元気をもらえると言ってくれる人がたくさんいる幸せ。

今も少し不自由な体で、痛みと共存している程度だけど、いずれは膝人工関節か車椅子だと言われているけど、「できないことを数えたらたくさんあるけど、できることを数えたら限りなくある」
それに気づけたから、生き甲斐も楽しみもたくさん見つけられた。

そして、今

寂しさと共に暮らしているおひとり様に、歳をひとつ重ねるたびに不安の数が増える高齢の方に、心と体に障害があって幸せは遠いと思っている方に、みんなで手をつないでいるから大丈夫だと感じて欲しい。そんな願いを込めてのNPO設立。

皆さまの心をNPOの想いを紡いだら、愛の糸になった・・・皆さまの言葉を紡ぎ、笑顔を紡いだら、幸せの糸になった・・・そんな夢を紡いでいきたいから・・・「プラチナライフサポート 紡」

プラチナライフサポート 紡の特徴

制作中です。もうしばらくお待ちください。

概要

法人名 特定非営利活動法人 プラチナライフサポート 紡
設立年月日 2014年7月28日
役員 代表:柏倉 珠美
副代表:鈴木 明
副代表:大澄 寛
本部・事務局 静岡県浜松市
電話  
Eメール info@npo-tumugi.org
URL http://npo-tumugi.org

本部・事務局地図

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お知らせ

go to top